次第に青空広がる八丈島、うねりは残るが八重根でダイビング

西風は弱まってもきてうねりも多少は落ち着いてもきていたので今日は八重根でダイビングです。

黒潮外れて水温も下がっていて、うねりもあったので全体的に白濁りしてはおりますが、手前の方ではアオウミガメが元気に泳いでおりまして、

全体的に白濁り

全体的に白濁り

ゆっくり沖まで出ていて、岩の切れ間にはシラコダイの子どもにベニワモンヤドカリなんかをちょくちょく見かけ、

シラコダイの子ども

シラコダイの子ども

ベニワモンヤドカリ

ベニワモンヤドカリ

沖出る途中の下の方にはホソウミヤッコっぽいやつに、

ホソウミヤッコっぽいやつ

ホソウミヤッコっぽいやつ

沖の方では頭に砂かぶってたイシガキフグやらユウゼンの若いやつも見かけ、

砂かぶりなイシガキフグ

砂かぶりなイシガキフグ

ユウゼンの育ってきてるやつ

ユウゼンの育ってきてるやつ

シロボシスズメダイの子どもに、

シロボシスズメダイの子ども

シロボシスズメダイの子ども

ハコフグのちょっと育ってきてるやつはちらほら見かけ、

ハコフグの若いやつ

ハコフグの若いやつ

キタマクラはそこら辺にたくさんで、

キタマクラ

キタマクラ

イソギンチャクにはクマノミにミツボシクロスズメダイの子どものちっこいやつや、

クマノミさん

クマノミ

ミツボシクロスズメダイのちっこいの

ミツボシクロスズメダイのちっこいの

セナキルリスズメダイの子どもに、

セナキルリスズメダイの子ども

セナキルリスズメダイの子ども

キホシスズメダイの子どもも見かけ、

キホシスズメダイの子ども

キホシスズメダイの子ども

枯れ葉溜まりではツマジロオコゼもおりまして、

ツマジロオコゼ

ツマジロオコゼ

全体的に白濁りで水温低めな海の中となっておりました。

本日のポイントとログデータ

そこそこうねりは残ってました。

お昼過ぎの八重根

お昼過ぎの八重根

水温:16-17℃ 透明度:15m 
ダイビングポイント:八重根 
天気:晴れ 風:西北西4.8m/s 気温:8.5℃

フォローボタン

レクタリング(大)広告
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。