風は弱まる八丈島、水面穏やかだった底土で【シュノーケリング】

若干沖はうねりはありますが、風は弱めで水面は穏やかだったので今日は底土でシュノーケリングです。

概ね凪いでた底土の海へ行きまして

概ね凪いでた底土の海へ行きまして

今回ご参加の方達はシュノーケリング経験がある方もいらっしゃいましたが初めての方もいて、そんなに海には慣れてもない様子だったので手前の砂浜から海へ入って行きまして。

浮き輪に掴まり呼吸の練習していって

浮き輪に掴まり呼吸の練習していって

浅いところで浮き輪に掴まり呼吸の仕方を練習しつつ、浅場を泳いでゆっくり海に慣れて行き。

浅いところをゆっくり泳いで海に慣れ

浅いところをゆっくり泳いで海に慣れ

慣れてきたら魚も見ながらちょっと沖まで泳いで出ていき。

キホシスズメダイとか見かけつつ

キホシスズメダイとか見かけつつ

ちょっと沖にはウミガメ達もそこそこ集まっていて。

ウミガメそこそこおりまして

ウミガメそこそこおりまして

上からじっくりウミガメ眺め

上からじっくりウミガメ眺め

上からみんなでウミガメじっくり眺めてみたり、水面近くでポコッと顔出す姿も見られたり。

ポコッと顔出すアオウミガメ

ポコッと顔出すアオウミガメ

息継ぎしにきたアオウミガメ

息継ぎしにきたアオウミガメ

他にもサンゴの間のイソギンチャクに住んでるクマノミや、水面付近にちょろっと集まっていたダツの仲間達に、

クマノミ見たり

クマノミ見たり

ダツの仲間もパラパラ集まってたり

ダツの仲間もパラパラ集まってたり

サンゴの上に集まる魚達も見ながら周っていくと、

コガシラベラとか

コガシラベラとか

セダカスズメダイとか

セダカスズメダイとか

黒くて大きな魚達が群れているのも見られたりもして。

ニザダイ群れておりまして

ニザダイ群れておりまして

やんわりとうねりはありますが、風は弱まり穏やかだった底土の海で楽しんで頂きました。

本日の海況とログデータ

手前の方は穏やかでした。

朝の底土

朝の底土

2022年7月31日

水温:25℃くらい 
透明度:25mくらい 
シュノーケリングポイント:底土 
天気:晴れ 
風:西南西3.4m/s 
気温:28.7℃

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください