薄い雲は広がる八丈島、概ね穏やかな底土と八重根で【体験ダイビング】

昨年は体験ダイビング2本にご参加された方が、今回は体験ダイビング2本+1本ご希望とのことで、1本目は底土の浅場で潜っていって。サンゴの広がるところをグルッと周り、カゴガキダイやクマノミ見たり、

ちょこっと顔出すクマノミ見たり

ちょこっと顔出すクマノミ見たり

のんびり集まってたアオウミガメも数匹見かけ、

集まるウミガメ撮ってみて

集まるウミガメ撮ってみて

手前の岩場では細長い魚とか、

アオヤガラの子ども

アオヤガラの子ども

黄色とか青とか綺麗な魚達も見て頂き、

ヤマブキベラとか

ヤマブキベラとか

ソラスズメダイとか

ソラスズメダイとか

体験ダイビング2本目は、どこも海は穏やかでもあったので八重根で潜っていきまして、 手前の方では大きな魚や、

ハマフエフキとか

ハマフエフキとか

こちらでも今日はウミガメたくさん見かけ、

のんびり泳ぐウミガメ眺め

のんびり泳ぐウミガメ眺め

呼吸をしに泳いで上がるウミガメ見たり

呼吸をしに泳いで上がるウミガメ見たり

八重根の沖のアーチも見に行って、途中にクマノミとかアオリイカの大きいやつらも見て周り、

八重根のアーチも見に行けて

八重根のアーチも見に行けて

帰り道には根上に集まる色とりどりの魚達や、

キンギョハナダイとか

キンギョハナダイとか

ムロアジの群れにちょっと囲まれてみたり、

ムロアジいっぱい

ムロアジいっぱい

上がる間際にはちっこいイカもおりまして、

水面付近のイカの子どもも見てみたり

水面付近のイカの子どもも見てみたり

体力ないとなかなか体験ダイビングで3本は潜れませんが、3本目はかなり海にも慣れていて、手前で群れてる魚を見つつ沖まで出ていき、

キホシスズメダイの子ども達

キホシスズメダイの子ども達

底土のアーチやアーチに集まる大きな魚達も見に行けて、

底土の沖のアーチも見に行き

底土の沖のアーチも見に行き

午前中より水温下がっていたので、ちょっと動きが機敏になってはいましたがアオウミガメもたくさん見られ、

ゆっくり近づきウミガメ見てみて

ゆっくり近づきウミガメ見てみて

戻る途中にも色々魚も見たり撮ったりして頂き、

ミギマキとか

ミギマキとか

アカエソとか

アカエソとか

テンジクダイの子ども達とか

テンジクダイの子ども達とか

全体的に穏やかな底土と八重根の海で楽しんで頂きました。

本日の海況とログデータ

全体的に穏やかですが南西側の方が少しうねりが強くもありました。

夕方の八重根

夕方の八重根

夕方の底土

夕方の底土

2017年7月18日
水温:24-27℃ 透明度:15m 
体験ダイビングポイント:底土・八重根 
天気:晴れ 風:西南西4.5-南西4.9m/s 
気温:27.8-28.5℃

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。